デオシーク 加齢臭

加齢臭って?

加齢臭 対策

30代~40代から気になる加齢臭。

 

中高年の独特なニオイを「加齢臭」といいます。
加齢臭は、男性(おじさん)というイメージがありますが、女性も発生させています。
この加齢臭は、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって生まれる“ノネナール”という物質が元になっています。
年齢とともに、酸化に対する抑制力が低下してしまうことで、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加してしまい、体臭成分であるノネナールが急増します。
加齢とともに、発生するクサイニオイ。これが『加齢臭』です。

 

加齢臭の原因物質「ノネナール」の発生しやすい場所

ノネナールは皮脂腺がある場所であれば、どこからでも発生する可能性があります。
が、部位によって多く発生します。特に蒸れやすい場所は要注意です。

 

頭部

頭にも皮脂腺がたくさん存在しています。また、汗は頭から出ることも多いため、頭部からの加齢臭は多く発生します。
また、髪の毛はニオイを吸収しやすい性質があります。なおさら、ニオイを吸収し悪臭を放ってしまう場所でもあります。

ワキ(脇)

汗といえば、思いつく脇汗やワキガ。
脇も頭部同様蒸れやすく、汗をかきやすい場所ですね。
加齢臭+ワキガは、別の臭い。両方発生してしまうことで、脇からの臭い対策はとっても大切です。

耳の裏側

ちょっと意外な場所ですが・・・耳の裏側は、ノネナール臭をいちばん最初に発生させる場所です。
加齢臭かも?と思ったら、耳の裏の臭いを気をつけてみるとよいでしょう。
「耳の後ろをこするとニオイがする」=加齢臭を自覚することをおすすめします。

 

ストレスで加齢臭が増す!

ノネナールは脂肪酸が過酸化脂質と結びつくことで作られています。
活性酸素が体内に大量発生したとき、過酸化脂質が増えてしまいます。
ストレスを感じると、体内の活性酸素が増加します。それによって、過酸化脂質も増加。
ストレスをためてしまうことで、加齢臭も増してしまうことになります!

 

食生活と加齢臭

加齢臭は、食べ物にも左右されています。
加齢臭を生み出す過酸化脂質を増加させないために、活性酸素を除去する効果のある抗酸化作用のある食事をとることがおすすめです!

抗酸化作用のある食べ物

ビタミンC、ビタミンEには、抗酸化作用があるので加齢臭対策にはおすすめです。

 

ビタミンCが多く含まれる食べ物

【野菜】
 トマト・春菊・ニラ・葉ネギ・わけぎ・チンゲン菜・あさつき・さやえんどう・ほうれん草・しそ・ピーマン・小松菜・しし唐・葉キャベツ・パセリ・ブロッコリー…など
【果物 】
みかん・はっさく・夏みかん・グレープフルーツ・オレンジ・メロン・レモン・甘柿・キウイ・アセロラ・イチゴ…など

ビタミンCが多く含まれる食べ物

【野菜】
 春菊・ほうれん草・ニラ・竹の子・大根の葉・かぼちゃ・サツマイモ・アボガド・アスパラガス…など
【果物 】
ブルーベリー・キウイ・プルーン…など
【魚介類】
 マグロ・ホタテ・ブリ・イクラ・シシャモ・秋刀魚・サバ・鮭・カレイ・うなぎ…など
【その他】
 玄米・胚芽米・ピーナッツ・菜種油…など

 

 腸内環境を整える

加齢臭対策で大切なことに、腸内環境を整えることもあげられます。
加齢とともに、腸内では、免疫や代謝に役立つ善玉菌が減り、悪玉菌が増えてしまいます。
悪玉菌は消化されないたんぱく質やアミノ酸を分解し、悪臭の原因となる物質を作り出すのです。
善玉菌を増やし、腸内環境を良くすることで、加齢臭も抑えることができます。

 

野菜は食物繊維を多く含むので便通を整えてくれます。
また、ヨーグルト、納豆、漬物、酢などの発酵食品は善玉菌を増やす効果があります。

 

デオシークサプリメントは、腸内環境を整える働きがあるので、加齢臭におすすめです。